絵画、美術、音楽

  • 西洋美術鑑賞 フランス印象派の絵画

    印象派の中心的な画家―マネ、モネ、ルノワール、ピサロ、モリゾ(女性)―を解説します。

  • 講座風景写真
    講座風景写真
    講座風景写真
    講座風景写真
    講座風景写真
    講座風景写真

講座紹介

  • 講座名
    48 西洋美術鑑賞 フランス印象派の絵画
    開催日
    • 6/19
    • 7/17
    • 8/21
    • 9/18
    • 10/2
    曜日 土曜日
    時間 14:00~15:30
    受講料 5回分  3,000円
    教材費
    (内訳)
    2,000円
    映像資料作成及び配布資料代
    持ち物 筆記用具
    定員 20名
    備考
  • 会場 桜ヶ丘ミュージアム
    会議室(2階)
    〒442-0064愛知県豊川市桜ケ丘町79-2
    TEL:0533-85-3775

講師紹介

  • 講師・宮本 昭義 宮本 昭義
  • カレッジ講師経験
    17回
    免許・資格
    西洋美術について興味深く解説できる。講師歴14年(NHK文化センター(名古屋、豊橋)、とよはし中日文化センター、豊橋市生活家庭館・地区市民館、とよかわオープンカレッジ他) 免許:高専普外国語(高校・英語)、高2普外国語(仏語)、中1普外国語(英語・ 仏語)
    特技・自己PR
    水彩画を中学時代に石川華香氏に学ぶ。大学でフランス文学を専攻。愛知県立高校を定年退職後、英語の講師をしていた大学で美術史・美術概論、西洋史、西洋精神史、フランス古典劇、英仏文学、フランス語、ドイツ語を聴講。英語の教員歴49年(県立高校43年、田原福祉専門学校3年、人間環境大学6年)。豊橋市美術博物館作品解説員。豊橋市美術博物館展示解説シート英訳。NHK文化センター名古屋、豊橋教室講師(現在7年目)。

講座内容

※講座内容につきましては変更となる場合がございます。
回数 日程 内容
回数 日程 内容
1回目
6/19
マネ/明るい色彩と平面的な構図で都会感覚あふれる絵を描き、写実主義から印象主義への移行を促した。
2回目
7/17
モネ/印象派の象徴的な画家。膨大な傑作を残したが、晩年の作品は、後の抽象画家たちに新鮮な感動を与えた。
3回目
8/21
ルノワール/若くして印象派の運動に参加するが、40歳頃から印象主義を離れる。終生ロココ様式を愛し豊麗な色彩で裸婦などを描いた。
4回目
9/18
ピサロ/印象派のまとめ役。実直・誠実・温厚な人柄で、仲間たちを助け、印象派のすべての展覧会に参加した。詩情あふれる田園風景を多く描いた。
5回目
10/2
モリゾ/印象派の女性画家のナンバーワン。上層ブルジョワ階級出身。マネの弟と結婚。女性職業画家の先駆例としても興味深い。