TOCについて

とよかわオープンカレッジについて

とよかわオープンカレッジは、
知識や特技など自分の得意なことを教えたい方が講師となり、
学びたい方が受講する学習者同士のつながりによって育まれる、
市民が主体となって運営する学びの場です。

キャッチフレーズ

穂の国に 学びふれ合う みんなの輪

意義

  • 市民でつくる学びの場を創設し、生涯学習の活性化を図る
  • 生涯学習へ取り組む「きっかけ」をつくり、教えてみたいという「夢」をかなえる場を提供する

目標

  • 市民の学習機会を拡大する
  • 市民の学習成果を活用し、地域社会の活性化を図る
  • 市民主導による生涯学習事業を推進する
  • いろいろな人との出会いを通じて、自己の視野を拡大する場とする
  • 自身を磨く、自己鍛錬の場とする
  • 文化、芸術、教養が身近にある生活をつくる

手法

  • 行政主導ではなく、市民が企画、運営を行う。行政はサポート役となり、事務局の支援を行う。
  • 運営される講座は、講師と受講生による共同運営であることを明確化し、両者が協力して運営するものであることを基本とする

とよかわオープンカレッジ運営組織図

とよかわオープンカレッジ運営組織図

講座について

一般講座と特別講座があります。
  • 一般講座について

    • 前期(5月~10月)、後期(11月~翌年4月)の2期制。
    • 10回講座と5回講座があります。
  • 特別講座について

    • 不定期に1回~6回の範囲で行う、各ジャンルの専門の方々による講座。

理事長あいさつ

とよかわオープンカレッジのホームページへようこそ。
とよかわオープンカレッジ 理事長
理事長 加藤江依子

本カレッジは「穂の国に学びふれ合うみんなの輪」を合言葉に、自己の学習成果を活用したいと考えている市民が、講師となり、学びたい市民が受講生となる、市民で作る学びの場として、生涯学習活動の活性化を目指して2009年に開校いたしました。

「学びたい」という市民が、生涯学習をするきっかけづくりとなる自分自身の生涯学習の場として、また、講師につきましては「教えたい」という自己実現の手段として、そのステージの提供をすることが役割と考えています。

ホームページでは、新規講師の募集や開催講座のご紹介、受講者の募集やその応募状況と結果に至るまで、様々な講座に係る情報をタイムリーにお知らせしてまいります。

ぜひ、「お気に入り」に加えていただき、ご覧いただきますようにお願い申し上げ、ごあいさつとさせていただきます。

講師について

講座開催上の要件等

  1. 18歳以上(高校生を除く)の方で、生涯学習活動に深い理解と熱意がある方ならどなたでも申込みできます。
  2. 講座開設の条件 次の場合は講座が開設できません。
    • 特定の宗教または政治団体を宣伝し、支持している。
    • 営利または、流派、会派など特定のグループ活動への勧誘の意図がある。
    • 公序良俗に反する。または、その恐れがある。
    • とよかわオープンカレッジの講座として、不適当である。
  3. 講座開講の条件 10人以上の受講生が集まれば開講できます。
    ただし、講座の将来性を考え、10人未満でも開講できる場合があります。
  4. 講座案内や受講者の募集、受講料納入など事務手続きは、事務局が行います。
  5. 開催会場は、豊川市内の公共施設を使用します。
  6. 開催時間は、1回2時間程度(基本)とします。
  7. 講座回数 5回又は10回
  8. 講座の開設は一人1講座です。ただし、本カレッジで講師経験がある講師は、直前の期において成立した講座数に1を加えた講座数まで開設でき、上限は7講座までです。
  9. 講師料 受講料収入の4割5分が講師料です。

講座の運営

講師自身で行っていただきます。
  1. 出欠席のチェック
  2. 受講生と共に講座開催に必要な会場設営準備・片付け
  3. 講座開催に伴う教材・資料等の準備
  4. 受講料以外の教材費(実費)の徴収
  5. その他講座を開催、運営する上で必要なこと

応募の方法

募集期間内に講師登録申込書及び講座開設申込書(もしくは親子向け講座開設申込書)に必要事項を記入し、事務局へ郵送してください。
※募集案内書は、募集期間中生涯学習課(音羽庁舎2階)、市役所、各公民館、一宮・音羽・御津・小坂井・プリオ生涯学習会館、中央図書館、勤労福祉会館などに設置してあります。

その他

申込みをされた方は、講師としての役割、講座の運営等について説明をしますので事務局へお越しください。(所要時間40分程度)